未分類

緑内障と「処方箋無しでコンタクトレンズを買うこと」

投稿日:2022年1月22日 更新日:

緑内障(予備軍)になった今、「コンタクトレンズは処方箋なしで買わないほうが良いか」と問われたら、一応、「はい」と答えるだろう。

緑内障は視神経が失われ、失明に至る病気だ。
そして、一度、失われた視神経は回復しない(より正確に表現すれば、現時点では、失われた視神経を回復するヒト用に実用化された技術は無いようだ。)。
そのため、早期に発見し、進行を遅らせることが、唯一取ることのできる対応になる。

インターネットでは、処方箋の確認無く、コンタクトレンズを購入できる販売会社がある。
そのような販売会社は、著名なオンラインショッピングモールにも出店しているため、気軽に購入することができる。
処方箋の確認無く購入できるのであれば、買おうと思えば医師の診察無く買えてしまうということになる。

医師の診察無くコンタクトレンズを購入していれば、仮に、緑内障が発症していた場合、発見が遅れることとなる。

コンタクトレンズの処方以外の目的で眼科の診察を受けている可能性もあろうが、そうでなければ、なおのこと、医師の診察無くコンタクトレンズを購入するのは避けたほうが良いだろう。
むしろ、眼鏡利用者より、コンタクトレンズ利用者のほうが、医師の診察を受ける頻度が多くて幸い、と思うくらいで良いのかもしれない。

自分も、インターネット上で、処方箋の確認無く、コンタクトレンズを購入できる販売会社で、コンタクトレンズを購入したことがある。
自分は、幸いにも、「「まだ緑内障ではない」と告げられた」にも書いたように、緑内障(予備軍)を早期に発見できたが、より早期に発見できた可能性もあったのかもしれない。
そして、今後、視野を失うことがあれば、より早期に発見できなかったことを悔やむかもしれない。

そう思うと、緑内障(予備軍)になった今、「コンタクトレンズは処方箋なしで買わないほうが良いか」と問われたら、一応、「はい」と答えるだろう。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

医師への信頼

緑内障について診断してくれた医師を信頼する理由の一つは、むやみやたらに薬を処方しないことだ。 (結膜炎の目薬は処方されたけど。) 薬には副作用がある。 だから、どんな薬も出来れば、服用したくない。 普 …

no image

寝る姿勢

緑内障の診断が下った直後くらいから、 以下の記事を読んで、 おそらく眼圧は高くないのだが、 これまで37年間、うつ伏せ気味に寝ていたのを、 仰向けに変えた。 寝る姿勢も緑内障に影響あり|緑内障から目を …

no image

緑内障とテクノロジー(iPS細胞)

緑内障の「視神経が失われる病気で、一度失われた視神経は回復しない」という特性を知ると、「iPS細胞なら回復できるのでは?」と考えてしまうものです。 網膜細胞の「若返り」で緑内障マウスの視力回復、iPS …

no image

緑内障を会社に告げた日

勤務先の上司に緑内障(予備軍)であることを告げた。 また、あわせて、上司の助言が、緑内障検査の受診のきっかけとなったことへの感謝を告げた。 言う必要は特になかったかもしれない。 ただ、診てもらっている …

no image

安心してほしい

今日は恋人に会った。 持病のある恋人の役に立てればと調べた障害年金について説明をした。 また、自分のこととして、 こちらも今週調べた視覚障害者専用のグループホームと、 その費用は自分の障害年金で賄えそ …

名前:
ぐらこ

コメント:
30代で緑内障になっちゃった日々の記録です。