未分類

緑内障とステロイド

投稿日:

眼の「急な充血」について、「「まだ緑内障ではない」と告げられた」にも書いたように、結膜炎と診断され、「医師への信頼」や「薬と納豆」にも書いたように、結膜炎用の点眼薬を処方された。

点眼薬のパッケージをよく見ると、「ステロイド」の文字が目についた。

ステロイドって緑内障に悪影響じゃなかったっけ?と思い、過去の自分の記事や、インターネットで調べた記事を読んでみた。

緑内障と皮膚科
コラム集 ステロイドと緑内障|菊地眼科

どうやら、眼圧を高める可能性があるため、ステロイド治療に反応して眼圧が高くなる患者(ステロイドレスポンダー)には要注意であり、投与してみないとわからない副作用のようだ。

「まだ緑内障ではない」と告げられた」にも書いたように、結膜炎については1ヵ月後に経過観察をする予定なのだが、医師は確かに眼圧を検査すると言っていた。

いろいろ調べるたびに、「医師への信頼」にも書いたように、今、診てもらっている医師への信頼が増す。
まぁ、なぜ眼圧を検査するか、説明はしてほしいけど。
「まだ緑内障ではない」と告げられた」にも似たようなことを書いたけど、「説明が足りないが経験豊富なベテラン医師」という風情だ。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

医師への信頼

緑内障について診断してくれた医師を信頼する理由の一つは、むやみやたらに薬を処方しないことだ。 (結膜炎の目薬は処方されたけど。) 薬には副作用がある。 だから、どんな薬も出来れば、服用したくない。 普 …

no image

失明する日、寿命を迎える日

ふたつの目標を決めた。 一つは、2031年12月16日までに、 失明しても生活できるようにすること。 もう一つは、2084年×月×日まで、 失明せずに生きること (ひとりで生活できる視野を保つこと)。 …

no image

緑内障とPCを使った仕事

非常に勇気をもらえる動画に出会えた。 以前にも書いた通り、 自分の仕事の中で、 「読むんで書くこと」が大きなウェイトを占めている。 そして、自分の趣味の中でも、 読むことに占めるウェイトは高い。 だか …

no image

人は皆、いつか障害者になる。

以前、「人は皆、いつか障害者になる。」という言葉を聞いたことがある。 障害者差別をする人や、バリアフリー推進を反対する人に向けて、誰しも老いたら身体機能・認知機能が衰え、大なり小なり、障害者とならざる …

no image

緑内障とテクノロジー(iPS細胞)

緑内障の「視神経が失われる病気で、一度失われた視神経は回復しない」という特性を知ると、「iPS細胞なら回復できるのでは?」と考えてしまうものです。 網膜細胞の「若返り」で緑内障マウスの視力回復、iPS …

名前:
ぐらこ

コメント:
30代で緑内障になっちゃった日々の記録です。