未分類

血流改善

投稿日:2021年12月28日 更新日:

緑内障のセルフケアを取り上げている
書籍、インターネット上の記事その他の情報を見ていると、
血流に言及しているものが多い。

そのため、目に限らず、
体全体の血流の改善のため、
体操をしている。

全体として、
肩をケアするもの、
心臓へ血液を押し返すポンプとしてのふくらはぎの機能
を活性化するもの、
手足より心臓の位置を低くし、
物理的に心臓へ血液を押し返すもの、
なるべくゆっくり落ち着いて動作することを推奨するものが多い気がする。

また、恋人の忠告のおかげで、
エアコンが使えるようになったことで、
室温も改善し、
それにより、直接的に体温の低下(冷え)が防げるだけでなく、
「寒くて体操がおっくう」ということも防止できている。

非常にありがたい。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

緑内障と保険(その2)

以前、「緑内障と保険」にも書いたが、緑内障と診断された後に、保険に加入しようとした。 結果を書いていなかったのだが、加入できなかった。 加入できなかった理由は伝えられないのではっきりはわからない。 緑 …

no image

緑内障と結婚

緑内障患者は結婚できないのかな。 結論としては、本人次第なのだろうけど、少し考えてしまう。 お見合いで、かつ子供を望む場合は、一番難しそうだ。 それまで関係性がない相手であり、その相手の失明後の人生を …

no image

緑内障とテクノロジー(人工視覚)

「乙武洋匡さんの義足プロジェクト」や、「幻肢」や、「筋電義手により阿修羅のようになれる」という話やニュースを思い出すと、義眼・人工視覚も実現するのでは?と考えてしまう。 乙武洋匡 – Wi …

no image

失明する日、寿命を迎える日

ふたつの目標を決めた。 一つは、2031年12月16日までに、 失明しても生活できるようにすること。 もう一つは、2084年×月×日まで、 失明せずに生きること (ひとりで生活できる視野を保つこと)。 …

no image

人は皆、いつか障害者になる。

以前、「人は皆、いつか障害者になる。」という言葉を聞いたことがある。 障害者差別をする人や、バリアフリー推進を反対する人に向けて、誰しも老いたら身体機能・認知機能が衰え、大なり小なり、障害者とならざる …

名前:
ぐらこ

コメント:
30代で緑内障になっちゃった日々の記録です。