未分類

緑内障と結婚

投稿日:2022年1月14日 更新日:

緑内障患者は結婚できないのかな。
結論としては、本人次第なのだろうけど、少し考えてしまう。

お見合いで、かつ子供を望む場合は、一番難しそうだ。
それまで関係性がない相手であり、その相手の失明後の人生を背負う可能性があることを前提として、かつ緑内障が子供に遺伝する可能性を踏まえて、結婚を決断するのは難しいだろう。
というか、条件面だけ見れば、特別な条件を備える人でなければ、「緑内障を除けば同じ条件の人」はいくらでもいそうだ。

逆に、恋愛関係であり、子を持つことを望んでいないもの同士なら、可能性はあるのかな。

持病がある人は、こういうことを今までも悩んできたんだろうな。
より深く、悩んできたんだろう。
今まで、健康だった(そう思っていた)自分は考えたことはなかった。

今の恋人を大切にしよう。
それが今の自分にできることだ。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

緑内障と「処方箋無しでコンタクトレンズを買うこと」

緑内障(予備軍)になった今、「コンタクトレンズは処方箋なしで買わないほうが良いか」と問われたら、一応、「はい」と答えるだろう。 緑内障は視神経が失われ、失明に至る病気だ。 そして、一度、失われた視神経 …

no image

緑内障を恋人に告げた日

告げた時、恋人は驚いた顔をしていた。 そのあとに泣いてくれた。 この人と付き合っていてよかったと思った。 ただ、やはり、失明という言葉が強い気がしたので、 必ずしも失明するわけではないことと、 仮に失 …

no image

人は皆、いつか障害者になる。

以前、「人は皆、いつか障害者になる。」という言葉を聞いたことがある。 障害者差別をする人や、バリアフリー推進を反対する人に向けて、誰しも老いたら身体機能・認知機能が衰え、大なり小なり、障害者とならざる …

no image

病気は特別なことではない。

前日の「人は皆、いつか障害者になる。」に続いて、病気になって(改めて)気付いたことシリーズかもしれない。 あるラジオ番組で、パーソナリティが、あるエンターテインメント作品を、「病気など特別なことを用い …

no image

失明する日、寿命を迎える日

ふたつの目標を決めた。 一つは、2031年12月16日までに、 失明しても生活できるようにすること。 もう一つは、2084年×月×日まで、 失明せずに生きること (ひとりで生活できる視野を保つこと)。 …

名前:
ぐらこ

コメント:
30代で緑内障になっちゃった日々の記録です。